2018年1月20日土曜日

まずは定番です。

アナベルらしさって何だろう?

何度考えても、、、

それはやはり「パンツスタイル」ということになる。

自身のワードローブをとってみても、

おびただしい量のパンツには、どうしたものかと頭を悩ませる。

見なかったことにして、また新しいパンツを買ってしまう。

たまに、昔のスタイリング写真やスタイル画を見直したりすると、

変わらないな、、と我ながら思うのが、そのバランスなのです。

素材感や色やボリューム感は、

もちろんファッションなので変わっているのですが、

全体のシルエットバランスやインナーとアウターの

高低差の付け方など、面白いくらい変わってないことに気がつきます。

そのスタイル画に、走り書きのように書いたパンツのブランド名で、

自社ブランドか?と言うほどたくさん登場する名前が、

「TRAVAIL MANUEL」(トラヴァイユマニュアル)

annabelle オープン当初から、そのスタイルのボトムス部分を

中心に支え続けてくれているブランドだ。





















TRAVAIL MANUEL

コンパクトチノバルーンパンツ

¥12,000+tax

ブランドからは年間定番として発売される。

秋冬も春夏も素材、色は変わらない。

春夏分が入荷しました。















もう4年販売していますが、バルーンパンツの

チノ素材の白は、実は初めてのお取り扱いです。















これから春先に向けて、寒いながら明るさを意識する季節。

秋冬素材を纏っても、色合いやシルエットで軽やかさが生まれます。















そして絶対定番カラーのカーキベージュ。

ロングとの合わせも、バランスが素敵です。















春の羽織物と合わせるところも、

難なく想像ができる。















シャツやブラウスをタックインしても素敵なのです。















ヒップ周りのボリュームは、

今でこそ見慣れた感はございますが、

初めて登場した時には驚かされたのを覚えています。















GASA*のウィンターリネンのローブコートを羽織ります。

色合いで印象は異なります。

こちらは、モノトーンでシックな印象に。


まずは、定番をあらためてご覧ください。


その他、以下のものが入荷しております。

TRAVAIL MANUEL コンパクトチノ2タックワイドパンツ

TRAVAIL MANUEL コンパクトチノシャムパンツ

HARVESTY(新規ブランド)サーカスパンツ

HARVESTY(新規ブランド)サーカスパンツデニム

HARVESTY(新規ブランド)サーカスキュロット

evam eva ベーシックコットン長袖T-シャツ

FIRMUM カツラギテーパーワイドパンツ

FIRMUM 高密度ナイロンジョッパーパンツ。

FIRMUM 高密度ナイロンフードコート

FIRMUM トロピカルウールUネックカットソー

FIRMUM トロピカルウールUネック6分袖カットソー

FIRMUM 変形ドットソックス


随時、撮影が終わったものから紹介を始めます。

まだまだ寒い日が続きますが、定番のボトムスは、

冬物と合わせても良いモノばかり。

そろそろ、頭半分、春物を意識しても良い季節です。



2018年1月18日木曜日

SHIKITEN~式典~

お店の展示は、頭の中では年単位で考え始め、

思考のピークを迎えるのは3か月ほど前だろうか。

2月22日~と決めていた「SHIKITEN~式典~」についても

同じくである。

そんな折、昨年度末のクリスマスくらいだったろうか。

妻が、「ひらめいた」っぽい顔をして、手の平をポンとたたく。

9割は却下されるのだが、めげずにいろいろアイディアを出してくれる。

「式典フェアでさ、、西別府さんに生花のコサージュをお願いしてみたら?」

頭の中がぴかーーんと光る。

即採用。

西別府さんは、ご存知の方もたくさんいらっしゃるかもしれない。

「はいいろオオカミ+西別府商店」の西別府さん。

妻が一発でとびきり大好きになった、

青山にあるロシアの骨董とお花を販売するお店です。

はいいろオオカミが骨董、西別府商店がお花。

品種改良がスタンダードな花業界において、

「原種」にこだわる西別府さんの選ぶ花たちは、

個性的、などという簡単な一言には収まらない素敵すぎる華を持つ。





















今回、撮影用に僕の目の前で作ってくれた、

西別府さんの生花のコサージュ。

これを付けていただくと、ただでさえ素敵なお洋服たちが、

何倍にも素敵になる。もちろん、着たその人も。

今回の式典フェアでは、期間中限定で西別府さんに

コサージュを10種類ご用意いただき、オーダーが可能です。

もちろん、お客様の必要な日の前日に合わせて、手配いたします。















式典フェアに向け、susuri さんに特別にお願いした、

マーチスカートとボルトインシャツジャケットのセットアップ。

ただでさえ素敵なお洋服が、小物の力でより素敵なものになるものです。















susuri さんにお願いしたお洋服は、少しカジュアルを

意識したご提案。

コットン素材のセットアップ。

普段にも活躍させたい人には嬉しいセットアップ。





















カバンは、「safuji」さんのものを販売します。

レースターバンは、昨年の11月にも展示を行った、

ジュージェイさんのもの。

今回は、ターバン以外にも素敵な小物をお披露目してくださいます。















NO CONTROL AIR のしっかりしたフォーマル素材のワンピース。

シンプルながら、少し個性的。

探すとなかなか見つからないものなのです。





















パンプスヒールは、昨年から妻が履いていたこともあり、

たくさんのお問い合わせをいただいている、AUTTAA(アウッタ)のもの。

こちらも期間中、ブラック、ブラウンの2色展開で販売します。















こちらもNO CONTROL AIR のフォーマル服。

新作の長袖のVネックは、ハイウェストからおりなす

ドレープ感が、何とも言えず美しい。

catworth のパテントシューズは、式典フェアに向けて、

ホワイトが追加で入荷します。















ネックレスは、yasuhide ono の一点もの。

現在、式典フェア用に、さらに特別なネックレスとピアスを

10組(別売りも可)限定で製作していただいております。

私が小野さんに伝えたのは、

「白を基調とした連なりと、それに似合うピアスをお願いします。」

それだけを伝えました。

どのような素敵なネックレスが仕上がるのか、今から楽しみで仕方ない。
















そして華やかさを演出する重要なポイント。。手首です。

vali(ワリ)の水野さんにお願いした、アクセサリーの一つ。

それはそれは、ひねり出すように製作していただいた、

とても素敵なブレスレット。最高に気分が上がります。

こちらは、細い金糸をかぎ針で手編み製作したものですので、

たくさんのご用意はできません。

留め具に使用されたルチルクウォーツを数色ご用意し、

期間中限定で、オーダーをお受けいたします。



























































こんなに大きな平たいパールのピアスも

ご用意いただきました。

もちろん水野さんのアクセサリーは、

その他にも数種類ご用意がございます。















「シンプルなパールはないのかな?」

ございます。

アトリエ d'antanの制作する、「Toile(トワル)」。

シンプルな淡水パールのネックレスやピアス、リングを

数種類ご用意しております。


他にも、一度ではご紹介できな程のお洋服をご用意しております。

まだ、開催までお日にちがございますので、

随時、通常のお品物と並行してご紹介いたします。

お値段なども今後アナウンスいたします。

また、今回の式典フェアでご紹介するお品物は、

一部の商品を除き、できる限り遠方のお客様にもご提案いたします。

通信販売もご利用ください。

ご来店可能なお客様は、ぜひ店頭へお越しください。

期間中、店内の装飾は、西別府商店に依頼しております。


我々も、楽しみで仕方ない。

洋服屋として、皆様の特別な日を応援したいと思います。



SHIKITEN~式典~

2月22日(木)~3月4日(日) ※2月28日(水)は店休日です。

DMは、来週には郵送予定です。

普段、アナベルの展示のDMを受け取っておらず、

今回の展示のDMをご希望の方がいらっしゃいましたら、

メールにてお申し付けください。郵送いたします。







2018年1月16日火曜日

暮らしとおしゃれの編集室

















暮らしとおしゃれの編集室」の連載が更新されております。

ぜひご覧ください。

次回は、これから迎える卒業・入学をはじめとした、

様々なセレモニーに向けて、annabelle なりの装いの提案を

させていただきます。

また、2月22日~3月4日の日程で、「式典」と題し、

フェアを開催いたします。

そちらもぜひ、お立ち寄りください。



2018年1月13日土曜日

巻いてみました















お店でも良くいただく質問で、

「正方形のショールはどうやって巻いたらいいか?」

というのがあります。

先日、いよいよメールでも同様の質問をお受けしましたので、

メールや電話での質問に困り、妻に実演してもらうことに。
















まず、マジシャン風に少し気取った顔で三角形にします。















クシャクシャクシャっといた感じで三角形を

棒状になるように掴み、束ねます。

ちなみに、きちっと折りたたむときちっとした雰囲気になります。















束ねた状態で首にかけて、片側だけ極端に短くします。















ここから、長いほうを2回まわします。



















両端が短く残ります。

ここからは、一番下に押し込んで抜いたり、

様々な方法があるとは思いますが、ボリュームや

重みがあるようなタイプは、安定感を持たせる意味でも

結わいてしまう事をお勧めします。















結わきます。















出来上がり。

ピンなどを使ってもいいと思います。

資材屋さんで大きなピンを買ってきて

カスタムしているお客様もいらっしゃいます。















もちろん、肩から掛けるのも素敵。

ブランケット風のものなどは、コートの上から

防寒で使っている方も多く見かけます。















使用している、ARTEPOVERA のショールは、

横に折り曲げてもそこそこ長いのが特徴です。

このように、横に三つ折りします。















首に回し、ここから一回結わくだけ。




























完成。

通信販売ページはこちらの巻き方で紹介しています。

あとは、三角形の巻き方で、アレンジを加えたら、無数に

考えられますので、鏡の前で試してみてください。

三角のまま、束ねないで巻いてみたり。

やはりその場合、ピンがあると便利です。


以上、参考にしてみてください。




2018年1月8日月曜日

奈々さんの首飾り






















申し訳ございませんが、今回販売分は完売いたしました。

次回は3月~4月の入荷になります。

よろしくお願いいたします。


「奈々さんの首飾り」

当然、勝手にそう呼んでいるだけ。

10年前、妻が長女を出産した際に贈ったネックレスは、

Lin Francais d'antan(ラン・フランセ・ダンタン)が、

昔オーダーで作っていたベルエポックシリーズのネックレス。

軽くて、味わいがあって、いろいろなお洋服に映えるので、

妻はお気に入りで、長年使ってくれている。

ベルエポックシリーズは、フランスの古き良き時代、19世紀後半から

第一次大戦前までの華やかな時代を指す言葉。

このシリーズは、その時代に実際に使われていた彫金の道具を用い、

刻印を打ったり、ハンマーでたたいたりして作っている。

ちなみに刻印は、その時代のもので、「le Benin」とある。

西アフリカの「ベナン共和国」を指していると思われるが、

古いものなので、断定はできない。

決して高価なものではないのだけど、これからもずっと使いそうだ。

だからお願いして、3年ほど前から作っていただいている。

そして勝手にそう呼んでいるのです。

「奈々さんの首飾り」

¥13,000+tax シルバー、真鍮

(チェーンの長さは、40cmです。)

通信販売ページで、よく付けているのでそちらを参照してください。


今少しだけ在庫がございます。

よろしければぜひ。

※こちらの商品は、通信販売ページでの販売が禁止されております。

 メーカー側の意向によるものですので、ご了承ください。

 購入をご希望のお客様は、メールかお電話をお願いいたします。









2018年1月3日水曜日

福袋完売のお知らせ















あけましておめでとうございます。

本年も、よろしくお願い申し上げます。

本日11時から販売をしておりました福袋は、

店頭、通信販売ともに完売いたしました。

毎年購入していただく方も多く、嬉しく思います。

皆様にとって、今年が良い年でありますことを願います。