2017年9月21日木曜日

ナチュリラ秋号





















「ナチュリラ秋号」に掲載していただきました。

秋の装いのご参考にぜひご購読いただけますと幸いです。

また、ナチュリラさんは今年10周年だそう。

歴代のおしゃれさんのお話やスタイルがたくさん登場しています。

時の流れを感じつつ、オシャレの見直しをぜひ。


annabelle


2017年9月18日月曜日

sono1

今やエコバッグは、生活の必需品のような存在になっている。

エコバッグ本来の存在価値とは異なった方向で、

「手軽なカバン」としての価値を持つようになった。

我が家でも、クローゼットを開けると、S字管に束になって

ぶら下がっている。

ほんの少し買い物に出るときや、子供とちょっと

そこまで遊びに行く時など。

最も活躍するのは旅行の時。

着替えをたくさん入れたり、レジャーグッズやお土産を入れたり。

着た後の洗濯ものを入れたりもする。

旅行に出るときは、家族全員分でエコバッグを大小10個は持って出る。

それだけ使うエコバッグも、もらったはいいが全く使わないものもある。

やっぱり使いたいと思うものしか使わないものだ。

今回再入荷をした、「sono」の sono1は、そんなエコバッグのような

感覚で使える、革の鞄をイメージして作っていただいた。





















sono(その)

「sono1」タテ型 ¥12,000+tax

革と言えば、牛革が最もメジャーな素材ではあるが、

こちらは、東京の下町で鞣される豚革だ。

先代が25年も前に、世の中がクロム鞣し主流の中、

こだわって始めたのが天然の植物タンニン鞣し。


















ヨコ型 ¥12,000+tax

変色が起こりやすいという性質が、

一般的にはデメリットとされるのだが、

それを味わいとしてとらえたときに、

悪い点が全く見当たらない。

スリッパで立証済みの抜群の通気性。

そして、今回の企画に欠かせない、布より軽いのでは?

そう感じるほどの圧倒的な軽さ。





















今回は、グレーとブラックの2色展開です。

ブラックは、艶を増すような変化が起こるほどで、

変色はしませんが、グレーのほうは、なかなかの変色ぶり。

こちらが僕が約1年ほど使用しているもの。





















何と言ったらいいのでしょう。

わずかにピンクがかったベージュでしょうか。





















しかもこの変化は、すぐに起こります。

使い始めて、3週間ほどでこの程度のベージュになり、

そこからは、じわじわとした変色をしていきます。





















わざと傷のあるものを選んでいるため、

傷の部分が浮かび上がるように変化します。

馴染んでくると、とても柔らかく、

小さくたたんで旅行に持ち歩くのにも重宝します。





















また今回から、本体にあった刻印は生産に支障を

きたすことからなくすこととし、

ブランドタグ代わりのレザーリボンに、「sono」の

刻印を施しました。





















こちらはブラックのヨコ型で、妻の私物ですが、

グレーのような大きな変色は見られません。

こちらで、ちょうど半年使用しています。








































腕にかけても良く使います。




























中にポケットなどはなく、今回はシンプルな

エコバッグのようなイメージで作りました。















口には、小さなマグネットがあり、

パチッと留められるようになっています。





















こちらは、タテ型です。

少しだけ、タテ型のほうが大きめです。




















タテ型は、男性にもお勧めです。





















タテ型で注意したのは、僕が持っても

底面が擦らないこと。















ヨコ型のグレー。

ヨコ型は女性だけに。

ハンドバッグのようなエコバッグ。








































着飾るよりも、本人に寄り添うような

お洋服が良いと考えます。

「生活に寄り添うお洋服=シンプルなお洋服」

という考えではなく、

いろいろなものを目にしたり、着たりして、

少しづつ、寄り添う服が見つかればいいと思っています。

最初からシンプルなものに限定する必要はありません。

アナベルのセレクトやスタイルは、そのような考えが

根底にあって成立しています。

「sono」のかばんは、そんなアナベルのスタイルを前提に、

わがままを言って作っていただいているブランドです。


詳しくは、こちらのブログもご覧ください。

sono

2017年9月17日日曜日

9月入荷情報

<9月17日>

・FACTORY より、WOOLバンブーのサルエルパンツが入荷しました。

・NO CONTROL AIR より裾ゴムのバルーンパンツが入荷いたしました。

・susuriより、ブラックのシックな刺繍生地が素敵なスリップスカートが入荷です。

・susuri より、ブランドの象徴的なワンピース、パストラルワンピースが入荷です。

<9月11日>

・ゴーシュより100/-シリーズの丸首シャツが入荷しております。

 全5色展開の秋色をぜひご覧ください。

・ゴーシュより、100/-シリーズのバンドカラーシャツが入荷しております。

・ゴーシュより、100/-シリーズのギャザーロングスカートが入荷しております。

・ゴーシュより、ハイランドWOOLの丸首セーターが入荷しております。

・ゴーシュより、ハイランドWOOL のロングカーディガンが入荷しております。

・ゴーシュより、ベビーアルパカのタートルニットワンピースが入荷しております。

・FACTORY より、ウールバンブーのギャザースカートが入荷しました。

・FACTORYより、ウールバンブーのキュロットが入荷しました。

・FACTORYより、ウールバンブーのシンプルなカットソーが入荷しました。

・mature ha. より、WOOLメルトンのキャップが入荷しています。

・mature ha. より、メルトンのギャザートップベレーが入荷しました。

・sashikiより、メルトンのキャップが入荷しました。

・ARTEPOVERA より、カットオフのパフスリーブ長袖Teeが入荷です。

・maison de soil より、プリントのピンタックブラウスが入荷しています。

・maison de soil より、プリントのピンタックワンピースが入荷です。

・TRAVAIL MANUELより、ブラッシュドデニムのサドルパンツと

 オークパンツが入荷しております。

<9月1日>
・Yarmo より、いつもの1釦ワークコートが入荷しました。

・Yarmo より、ビッグサイズのサロペットが入荷しています。

・orslow より、定番デニム105 STANDARDが入荷しました。

・orslow より、ユニセックスな大き目のGジャンが入荷しています。

・orslow より、ユニセックスのワークシャツが入荷しています。

・orslow より、インディゴ長袖ボーダーバスクシャツが入荷です。

・Yarmo より、コーデュロイのサルエル風パンツが入荷しています。

・evam eva より、WOOL のロングカーディガンが入荷しています。

・NO CONTRL AIR より、定番の丸首シャツが新素材で登場です。

・NO CONTROL AIR より、定番の半袖ワンピースが新素材で登場です。

・GASA* より、ざっくりリネンのワンピースが入荷です。

・GASA* より、素敵な刺繍ファブリックのワンピースが入荷です。

・GASA* より、昼夜織の素敵な刺繍柄のキャミワンピが入荷です。

2017年9月16日土曜日

たかが3cm、されど3cm~PART2

現状のアナベルで、唯一の「ヒール」と言える

靴は、イギリス発の「catworth」(カットワーズ)。

春に同題名でご紹介した、パテントのリボンシューズに

加え、新しいデザインが入荷しました。

「ヒールで通勤」など経験したことのない妻は、

4cmでは、気丈にふるまいながら、

「歩けば慣れる」を呪文のように唱え始め、

5cmでは、平衡感覚が怪しくなる。

日常使い+アルファとして、

普段ヒールを全く履かない人も、頑張らずに

履けるのが、きっと3cmなのかもしれません。















CATWORTH(カットワーズ)

jazz ¥21,000+tax





















4アイレットのシンプルなパテントシューズは、

もちろん前回のTap SHOES と同じく、

英国のダンス協会の公認シューズ。

Tap がダンサーが履くものであるのに対し、

こちらは演奏者側が履くものだそう。

クラシカルでシンプルなデザインは、

日本のファッションにとても馴染み、扱いやすそうです。















色は、アナベルでは3色展開。

上から、ブラック、リード、ボルドー。















Tap と同じく、本体2.5cmに、

後付けのヴィブラムソールが5mm。

あわせて、3cmのヒールです。





















日常のお手入れは、から拭きと防水スプレー程度。

本格的にお手入れする方は、パテント、エナメル用の

レザーシュークリームを買い足すと良いでしょう。

入荷してから間もないのですが、

とてもスタイリングに使い易く、

すでにたくさんの着用画像がございます。





















ゴーシュの裾ゴムテーパーパンツにブラック。





















susuri のドナーワンピースに、リード。





















susuri の花柄のドナーワンピースに、

ワイドパンツを合わせてボルドー。





















ゴーシュのカツラギキュロットパンツに

タイツを合わせてブラック。





















GASA* のワンピースに合わせて、リード。





















ゴーシュの裾ゴムテーパーパンツに合わせて、

ブラック。





















TRAVAIL MANUEL のコットンバルーンパンツに、

タイツを履いて、ブラック。





















同じく、ヨコから見た感じ。





















YARMOのコーデュロイパンツに合わせて、

ショートソックスを履いてリード。





















ゴーシュのシルクリネン千鳥の

裾ゴムテーパーパンツに合わせて、ボルドー。





















FIRMUM のワイドパンツに合わせてリード。





















同じく、ヨコから見た感じ。





















YARMO のベージュのコーデュロイパンツに

ショートソックスを履いて、リード。





















ゴーシュのコットンローンのロングスカートに、

ボルドー。





















YARMO のコーデュロイパンツに、ボルドー。





















FIRMUM のワイドパンツに合わせて、ブラック。


万能は、ブラックですが、秋冬の限定カラー2色も

捨てがたい。秋冬限定とはいえ、どちらも年間通して

使える素敵なお色。

履いたらわかる、たかが3cm、されど3cm。

洋服の見え方が変わります。


そして今シーズン、3cm以上のヒールを履いたことのない

妻が、実は「実質5cm」 のヒールに挑戦中です。

とても気に入って、現在慣らし運転中。

全く同じものは早くて来年の2月のご紹介になりそうですが、

(実際履いて良かったら)

同じブランドの、別な形を先にご紹介予定です。

そちらはサボタイプで、CATWORTHとはタイプが違いますが、

とても素敵です。

そちらもご期待くださいませ。





2017年9月10日日曜日

100年後への思いを馳せて。

アンティークの家具などを気に入って

購入して、手元に届いた時などは、

そのものの持っているすごみなのか、

年月を重ねて使われ続けてきた経年のすごみなのか、

手に入れた喜びと同時に、

そのものは、やはり残るべくして残ったのだろう、

そして、さらに100年後も、どこかで誰かが使うことになるのかな?

そんなことを考えながら、しみじみと眺めて楽しむ喜びもある。

そして、そのほとんどが、有名無名にかかわらず、

とてもしっかりとした、質実剛健なモノづくりに支えられたものなのかと。

ゴーシュのシャツのご紹介です。





















ゴーシュ

100/- コットンローン丸首シャツ

ホワイト ¥19,000+tax

ここ数年、「カツラギワイドパンツ」という、

素晴らしいパンツに人気が集まったおかげもあり、

「ゴーシュ」というブランド全体に興味を寄せてくれる

お客様も増えてきた。
















後ろがしずく型のようなデザインで、

ボタンが一つ付いている。

被って着るタイプのシャツデザインです。

ゴーシュの中で、「何がお勧めですか?」って

聞かれることも多いのですが、わたくしはまず

シャツをお勧めしている。















カラー展開は、左から

ホワイト、イエロー、グレイッシュブルー、

グレイッシュベージュ、ライトブラウン。

全5色展開です。

なぜ、シャツがお勧めか?

それは、なかなか他のブランドでは味わえないほど、

ストレートに、質の高いシャツを作っていること。

そして、肌に近い布帛(織物)のアイテムは、その洋服の良さを

最もわかりやすく、体感できるから。

お客様の中には、シャツとブラウスがどのように

違うのか、知らない人も当然、たくさんいる。

レディースでは、ブラウスのほうが圧倒的に多い中、

ゴーシュのコレクションで、「ブラウス」とはっきり言えるものは、

あまり記憶にない。




















身頃脇は4mm程度の折ふせ。





















袖付けは10mm。

とてもきれいなカーブを描きます。





















袖口は、カフス仕様で剣ボロ。





















裏の処理もなかなかお目にかかれないほどキレイ。

裏の処理は、素肌に近いところで着る布帛の場合、

着心地につながることもあり、こだわるデザイナーも多い。















そしていつも、きれいだな、、とほれぼれしながら

見る落としミシン。

これだけ薄い華奢な素材で、襟の丸いカーブを

この運針(ステッチ幅)で仕上げるとは。。

今ご紹介したような仕立ては、ブラウス工場では縫えません。

シャツ工場で縫ってもらわないと。

そう、シャツとブラウスは工場から違うのです。

ざっくりとは、それが大きな違いです。

ゴーシュさんは、見た目はブラウスっぽくても、

シャツ仕様にとてもこだわるブランドです。

そして、その質の高さは驚くほど。





















ゴーシュ

100/- コットンローン変形開襟シャツ

ホワイト ¥20,000+tax





















こちらのシャツの特徴は、やはりこの変わったネック周り。





















片側だけ見返しがあり、それがパラっと返るような襟周り。

ラフなようでいて、着てみるととてもちゃんとした印象を

受けるのは、ゴーシュのお洋服全般に見られる特徴です。

どんなデザインも、着てみると「やはりゴーシュだ。」

と感じるきちっと感が漂っている。















こちらも同じく5色展開でしたが、

イエローが完売し、本日グレイッシュブルー(右から2番目)も

なくなりました。申し訳ありません。

そして素材にももちろんこだわりがございます。

100/- ローンというのが素材の名前ですが、

今回は、超長綿という繊維長の長いしなやかな高級綿を

低速のシャトル織機でローン織で仕上げています。

現在の高速織機と異なり、織り上げるスピードが遅く、

非効率ではありますが、素材本来の良さを存分に残すべく、

糸に負荷をかけずに織り上げてあるため、

水を通すたびに、手織りのカディーのように、ふくらみを

帯びてくることでしょう。





















ゴーシュの裾ゴムテーパーパンツに

あわせて、とてもきれいな印象で。



























シャツがとにかく苦手な妻も、、

ゴーシュのシャツは、「着てみようかな。。」

という地点まで妻を運んでくれた。

ちなみに、現時点での妻のシャツの所持枚数は、、

なんと0枚。





















TRAVAIL MANUEL のバルーンパンツに

あわせて、グレイッシュベージュ。




























シャツの好みは、大まかではあるが、襟周りで決まる。

その点で、襟がなく、しかも少し開いている開襟のシャツである

こちらは、シャツの苦手な人にとってもハードルは低い。

ぜひ、トライしてほしい。





















orslow のヘリンボーンパンツに合わせて、

とてもカジュアルな装いに。




























これだけ丁寧に仕立てられたゴーシュのシャツは、

絶対に丈夫です。華奢で繊細な印象ですが、

実質的なものとしての頑丈さは備えています。





















シンプルなジーンズに合わせて、

丸首シャツの白。




























色の残ったジーンズに白シャツ。

永遠の定番スタイル。

シャツが素敵でないと成立しない。





















Yarmo のコーデュロイパンツにイエローを

タックイン。




























優しいイエローで、ブラックに合わせても

印象は和らいで見える。

とても使い易いイエローです。





















久しぶりに登場のアナベルのユニフォーム、

ARTEPOVERA の加工チノのネイビーに、

グレイッシュブルー。




























秋口にブルーのワントーンコーディネートが新鮮です。





















今シーズンも目が離せない、

FIRMUM のパンツに、グレイッシュベージュ。




























女性らしいミリタリーカラーがかっこいい。





















ゴーシュの裾ゴムテーパーパンツ、

千鳥にライトブラウン。




























靴もカバンもブラウン系で統一してみました。

パテントの赤茶が女性らしさを際立たせる。


質実剛健であって、華奢で繊細で素敵なシャツ。

シャツの苦手な妻を、ヒョイっと持ち上げて、

「着てみようかな地点」まで運んできたゴーシュのシャツ。

何がすごいかって、それに一番驚いた。

100年後に、アンティークショップで売ってほしい。