2018年4月21日土曜日

sarasara

日本人の奥ゆかしさや、細やかさ、

そして、様々な要素をミックスして

新しい価値を生む器用さ。

洋服のデザインにおいても、そんな日本人の

特色が表れているものには、目が留まる。





















NO CONTROL AIR

ポリエステルさらさらワンピース

ダブグレー ¥23,000+tax

デザインは、フォーマル素材でもご紹介していた、

Uネックの定番ワンピースの着丈を長くしたもの。





















たて糸とヨコ糸で、染まり具合の異なる

ポリエステルを用いることで、トップ糸を

使ったトロピカルウールのような見え方が面白い。

そして、絹のような光沢感もある。

そして、サラサラしている。

家庭洗濯もできる。

ポケット布は、もちろんメッシュ。





















ネックや、背面のファスナーは、

フォーマル素材と同様です。

横に広がらないこの襟には、彼らの独特の美意識が

詰め込まれています。





















そして、着丈を長くしたことで、

足さばきがいいように、スリットが入ります。

このスリットが、わたくしは大好きです。

インポートのブランドにはあまり見られない

バランスでのスリットデザインかと思います。





















ワンピーススタイルで、

シューズはR.U. のThea にevam evaの

ショートソックスを合わせました。















見ての通り、着丈を伸ばしたとはいえ、

足さばきがすごく悪くなるかと言えば、そうでもない。

でもそこそこ深いスリットを入れたところに、

足さばきだけでなく、日本人らしいバランス感覚や、

オリエンタルな美意識を感じるのです。















一枚で透けもなく、春、初夏、梅雨、晩夏初秋と

なかなかたくさん活躍しそうです。





















ブラックは、同素材の裾ゴムバルーンパンツに

あわせてコーディネートしてみました。















小物使いも少しキレイ目を意識して。















フォーマルにもカジュアルにも履きこなせる

AUTTAAのパンプスヒールは、履き慣れたら頼もしい。

アナベルで提案するスタイルにも本当に良く似合う。

こんな重ね着スタイルをしたときにも、

スリットの存在は、とても大きい気がするのです。

後ろ姿は、通販ページで。


光沢感があってさらさらしたワンピース。

「さらさら」といった日本語独特のニュアンスを持った

言葉の様に、日本独特の感覚を持ったデザインに惹かれるのです。

海外のブランドからはあまり感じられない感性です。

フェミニンでもない、ガーリーでもない、ボーイズライクでもない。

メンズライクでもないし、ナチュラルでもない。

ましてやアヴァンギャルドでもない。

外国語で、「さらさら」を「sarasara」としか言いようのないような、

そんなデザインに、心惹かれます。



2018年4月19日木曜日

海パンタッチなワンピース

なんだか、自分の海パンを触っているみたいな

親近感の湧くワンピースが展示会に並んでいた。

感のいい方はお判りでしょう。

そう、NO CONTROL AIRです。

とんでもなく、サラサラしていて、少しマットな

質感で、細かなシュワシュワしたシワ感もある。

海パンみたいなのに、モードなワンピースです。





















NO CONTROL AIR

フルダルポリエステルワンピース

ブラック ¥25,500+tax





















光に反射して、シュワシュワ感が伝わるでしょうか?

たて糸、ヨコ糸に、双方引き揃えて、ポリウレタンを

入れることで、ポリエステルとポリウレタンの

縮率の違いから、このシュワシュワは誕生するようです。

そして、化繊の世界では、ポリウレタンが多いほど高級だとか。

ちなみに、こちらは15%。

僕は15%ものポリウレタンが入った生地を初めて見ました。





















裾には、小さな刻みのようなスリットが。

これだけでも視覚的には違いが出るから

デザインは面白い。

逆に小さいから存在感があるようにも思うのです。





















色は、オフホワイトのようなベージュと、

ブラックの2色展開です。

ホワイトはセレクトしませんでした。





















GASA*のパンツの上に着ています。

サラサラで張り感もあるので、体にまとわりつく

ような感じは、まったくありません。















洗ったらすぐに乾くし、シワが付きずらい。

そして、伸縮性もある。















堅い感覚は全くなく、着てもらっても、

いい具合にドレープ感はあり、

着続けるとどうなるのか、興味がある。

天然素材とはまた違った、クタっとしたいい感触が

想像できる。





















上から、Honnete のショールカラーコートを

羽織ってみる。

これから迎える初夏。

このくらいがちょうどいいのではなかろうか。















リボンをきゅっと結わいてみて。





















ベージュ

とはいえ、かなり薄いので、オフホワイト

のようなベージュです。

VIELLE のヌッフに、ショートソックスで。















まだ半袖になるのが怖い、寒暖差がある時期は、

長袖のTシャツを合わせても良いのかもしれません。















スッとした印象を持たせつつ、ふくらみのあるデザイン。

やはり他ブランドにはない、不思議なかっこよさを備えている。

ちなみにポケット布は、「メッシュ」です。

理由は、「乾きやすいから」だそうです。

そういうところも大好きです。















今年も、TRAVAIL MANUEL のボレロカーデが入荷です。















しっとりとした清涼感あふれるリネンのボレロ。

さらさらとした肌触りのワンピース。

夏にぴったりな、うるサラコンビ。

ちゃんとした服装もできそうですよ。

海パンみたいなタッチのくせに。






2018年4月16日月曜日

「Honnete」 について

店頭、メール、お電話で複数のお問い合わせを

頂いております、「Honnete」Irish Linen シリーズですが、

今年もたくさんの別注や姉妹伴モデル、姉妹伴カラーを

ご用意しております。

色数、形が多かったため、納品が分割されておりましたが、

ようやく揃いました。

明日、4月17日(火)より、まずは店頭販売いたします。

全型、全色は、数が多いため、すべてを店頭には出せませんが、

形と色はすべてわかるように、並べております。

ぜひ、ご覧ください。


通信販売は、撮影後の掲載になりますので、

今しばらくお待ちください。



2018年4月15日日曜日

「憧れ~admiration」

花柄にもいろいろある。

アナベルでは、プリント柄というものを

ほとんど扱わないので、珍しという言葉をいただく。

確かに、、プリント柄のバイイングは難しい。

我々が1時間程度、展示会場で見ていても飽きないかどうかを

大雑把な基準にしている。

そのくらいの時間で、30回ほど視界に入って、

なんだか飽きてきてしまうものは、バイイングしない。





















GASA*

”憧れ admiration” スタンドフリルワンピース

ライトフラワー ¥43,000+tax





















フェミニンな感触より、野性的で少し可憐な印象を残す。

手法は、ハンドシルクスクリーン(手な染)ですので、

裏から見ても染料がしみ込んだ風合いが見られるのが特徴です。

パキっとした顔料プリントと異なり、にじみの効いた、

味わいのある雰囲気が素敵です。

色数が多いほど、版数が増えるため高級になるわけですが、

こちらは、7版使用していますので、かなり多い。

ちなみに、この手法で最も有名なのは、エルメス。

日本の手な染と版の並べ方は違いますが、内容は同じです。

ちなみにエルメスのスカーフなどは、平均で16版くらい。
















衿はスタンド型にフリルをあしらったデザイン。

台襟の上に、羽襟の代わりにスタンドフリル。

クシャっとしていますが、この自然にクシャット見える

ようにデザインすることは、きっと容易ではない。

衿のフリル部分は、丁寧に細やかなギャザーが

施され、台襟にあたる部分は、シャツと比較して、

かなり高さもあり、前に大きなカーブを付けている。

人の首にしっかりと馴染むような角度だ。

安っぽく見えがちな襟のデザインだが、

さすが、GASA*。最高に美しい。





















こちらは、7版も使って色を出した

豪華な手な染プリントに、大胆にもオーバーダイしたもの。

さんざん、手な染の話で盛り上がった後、

このオーバーダイが目に入り、ちょっと面白かった。

「オーバーダイしちゃうんですね。。。」って、

笑いながら、こぼれてしまった。





















しかし、オーバーダイしたのもうなづけるほど、

ワインレッドがより一層に引き立っている。





















袖口は、折り返したデザインに。















少しよそ行きな雰囲気のあるコットンワンピース。















バストが150cm近くあるとは思えないほどの

スッキリとした印象のワンピース。















強風でなかなか撮影も大変なこの頃ですが、

ダークフラワーは、ゴーシュのリネンパンツを

下に履いています。















パンツと合わせても素敵な着丈です。





















ライトフラワーにカシュクールコートワンピを

重ねてみれば、スタンドフリルがよりいい感じ。

ジャケットやカーディガンを重ねても素敵でしょう。





















同じ素材のスカートも、素敵です。

先日、「暮らしとおしゃれの編集室」でも

色違いをご紹介した、サーキュラー巻きスカートです。















巻きスカートの上布部分にも大きなタックが入ります。

タックとギャザーを駆使した、ふくらみのあるスカートです。





















風に揺れるその姿にも、

布地の分量感を感じます。















背面は、タックとタックに挟まれる形で、

ふんだんなギャザーが施されるのです。

どこから見ても立体的で迫力のあるスカート。

トップスにはコンパクトなものがお勧めです。

もちろん、巻きスカートですから、タックインも素敵です。


「憧れ~admiratuon」でもある、フラワープリントは、

できる限り飽きの来ないものを吟味したい。

そして、年を重ねても着ていただける迫力のあるものを。




2018年4月14日土曜日

暮らしとおしゃれの編集室















今朝、妻がスマフォで天気予報を見ていたので、

「今日の気温は?」って聞いたら、

「あ、わかんない。」っていうので、

「今見てたよね。」っていうと、

「あ、風速を見てたの。」

・・・・・

天気予報で、気温も降水確率も見ないで風速を

チェックする妻ですが、今回も「暮らしとおしゃれの編集室」で

モデルとして頑張ってもらってます。

よろしければ、ぜひご一読ください。





























また、一部のお客様にお問い合わせをいただいて

おりました、TRAVAIL MANUEL のリネンキャンバス

イージーコートですが、この2色を残し、

サンドグレーは完売となっております。

こちらは、本日改めて通信販売ページにもアップいたしますので、

よろしくお願いいたします。


annabelle







2018年4月11日水曜日

帽子フェア

明日から、「帽子フェア」が始まります。

今回は、短期間での開催ですが、

たくさんの種類が一度に見ていただけます。





















sashiki では、久しぶりのStraw hat。

良い麦が手に入ったそうです。





















sashiki さんからは、サンプルもお借りして、

たくさんの種類をご用意いたしました。





















そして、リボンもお借りしておりますので、

サイズオーダーだけではなく、リボンのカスタム

オーダーも、期間中のみお受けいたします。

(4月12日~15日まで)





















mature ha. は別注はもちろんですが、

定番の11cm brim HATのリボンにライン、2トーン。

6cmラフィアのBOXED HATに11cm ラフィアのBOXED HAT。

他もいろいろ。。。

様々なBOX HATをご用意いたしました。


皆様のご来店、心よりお待ち申し上げます。


annabelle


2018年4月9日月曜日

帽子フェアとR.U.入荷のお知らせ





















いよいよ、4月12日(木)~帽子フェアが始まります。

sashiki さんの帽子のサイズオーダーが可能なのは、

フェア中、15日までとなります。

また、その期間中はアナベルでセレクトしきれない、

様々なデザインのお帽子をお借りしておりますので、

よりたくさんのお帽子を見ていただけます。

sashiki さんにお願いした別注のお帽子も楽しみです。





















そして今回も別注をお願いした、mature ha. のBOXED HAT。

箱もエクスクルーシブで、作っていただきました。

今回の9cm brim は、ふちにラインを入れていただきました。

写真はGrey×blackのふちラインで、6ミリの細リボン付き。








































色違い、リボン違いもございます。

ぜひ、ご覧ください。


そして、ずっと在庫を切らしていたR.U. の2デザインが、

再入荷いたしました。





















R.U. Thea(テア)

Dk.Brown ¥38,000+tax





















SLIP-ONタイプにしては、甲の部分が

しっかり深く、サイドから見たカッティングも、

どこかクラシカルで、特徴的だが飽きなさそう。





















Black

どちらも、たくさんスタイリングで使用していますので、

一部をご紹介します。















ダークブラウン。















ダークブラウン。















ブラック。















ブラック。















ブラック。















ブラック。

そして、もう一つ、、





















R.U. Jill(ジル)

Dk.Brown ¥39,000+tax

Theaと同じく、ゴートスキンの「DESSIN」(デッサン)

というシリーズのデザインです。

革を水にくぐらせることで、丸みや直線、陰影や凹凸を

くつをキャンバスに見立てたように描き出したシリーズです。





















写真は、お店に出してある商品で、撮影で使ったり、

お客様が試し履きをしたりしていますので、

クシャっとしていませんが、新品の状態ですと、

水をくぐらせた布地をよじったように、

少しクシャッとした表情が特徴のシリーズです。





















そして、前回の入荷分から平紐も付属してきます。

普段の撮影は革ひもばかりで行っていますが、

平紐にするとまた違った雰囲気を醸します。
















































































サイズは、他モデル同様35~40で、

おおよそ22.5cmくらいから、25.5cmくらいまで。

入荷したばかりですが、サイズは流動的ですので、

お問い合わせください。

通信販売ページには、ブランド側の意向により掲載できませんが、

お電話、メールでの通信販売は可能です。

ご希望がございましたら、お問い合わせください。


この一年、最もスタイリングに使用した2型です。

通信販売ページで、他のスタイリングもぜひご覧ください。